印鑑のメンテナンス

押印した後、印鑑をそのままにしておくと印面から朱肉を吸い上げるため、彫刻部分の痛み、摩耗、欠けの原因になることがあります。少しの印面変形は登録した印鑑の変更にもつながります。使用後はティッシュで拭き取ります。窓口によく置かれている給水紙を使うのも良いでしょう。長年使用していると印面が朱肉や埃で詰まることがあります。そんな時、ピンセットや針で掃除するのは、印面が欠ける可能性があるため絶対にやめましょう。フェルトや柔らかい布で優しく拭き取ってください。また印鑑用ブラシや歯ブラシも使えます。水や石鹸、洗剤もN G。印面の朱肉を完全に取ろうととデリケートになりすぎず、適切にメンテナンスを行いましょう。