当店の社会的責任とは

当店はお客様、取引先、メーカー、製造、従業員それぞれのステークホルダーがお互いを高め価値を作り出していくことに積極的に取り組みます。 特に、CSR、「企業の社会的責任」を大切に社会に貢献し社会の問題や課題の解決につながる経営を目指します。国連サミットで採決された持続可能な17の開発目標(SDGS)を指針とした経営活動に取り組んで参ります。自然環境保全における寄付、寄贈、協力、協賛だけでなく従業員を含め意識向上と様々な活動に参加いたします。

当店の文化推進活動について

文化庁が取り組む文化芸術の「多様な価値」を活かして,未来をつくる活動に積極的に取り組みます。中でも、鎌倉市が掲げる「鎌倉市文化推進プラン21」を重視し事業活動を行います。このプランは、鎌倉の文化の形成を振り返り、日々の生活のなかで形づくられる文化を検証し、継承・発信という形で将来の新たな文化の創造につなげていこうとするものです。当店はこの取り組みに賛同いたします。文化活動における寄付、寄贈、協力、協賛だけでなく従業員を含め意識向上と様々な活動に参加いたします。

​鎌倉市文化推進プラン21

1、 文化の継承や保存の仕組みづくり

鎌倉は古代・中世から近代に至る豊富な歴史的遺産と文化的遺産を蓄積してきましたが、近年それらの遺産の滅失や散逸、建築物・景観の喪失がみられるようになってきています。

このような状況に対応するため、歴史的遺産と文化的遺産の継承方法と保存管理体制の確立が必要です。

また、隣接する市や国・県との連携・交流や、市民や観光客が鎌倉独自の文化に触れ、これを身近に感じられるような機会の提供や環境の整備も求められています。

 

2、 将来にわたる鎌倉の文化創造と発信の仕組みづくり

古代・中世から近代を経て、現代に至る歴史を大切に継承し、芸術面や生活面での文化を次代に伝え、発信していくことが求められています。また、さまざまな文化活動や芸術活動を通じ、新たな鎌倉の文化を創造・発信していくことが必要です。

 

3、21世紀の市民のライフスタイルを支える支援と仕組みづくり

これからの時代は、今にも増して価値観やライフスタイルの多様化や多方面での市民活動の活発化が予想されます。また、誰もが安全で健やかで、心豊かに暮らせることが文化の基礎条件でもあります。そのため、市民、市民団体、NPO等の各種活動団体、各種経済団体、企業、行政が連携しながら、文化を支援していく仕組みづくりが必要です。

文化財は,我が国の長い歴史の中で生まれ,はぐくまれ,今日まで守り伝えられてきた貴重な国民的財産です。文化芸術活動への寄付や寄贈だけではなく、当店としてもセミナーや体験を通して自発的に文化の発信を行います。

印章は、

国家・団体・法人・個人がお互いの

「意思」や「責任」を確認し合う

日本人にとって「信用」を示す

大切な必需品であり、

西暦701年大宝律令の

「天皇御璽(天皇の印章)」から

脈々と受け継いできた文化

でもあります。

鎌倉市バナー.jpg
ゼクシィ中川翔子.jpg
ポコチェ.jpg
タウンニュース.jpg
liveJAPAN.jpg
鎌倉市観光協会.jpg
鎌倉推奨品.jpg
ふるさと納税.jpg
マップルバナー.jpg
ゼクシィバナー.jpg
かまくら春秋.jpg
湘南スタイルバナー.jpg
ホンダカーズ.jpg

© 2016 by KAMAKURA HANKO. 

(お問い合わせ先)
248-00012 鎌倉市御成町5−6ー1A
0467-37-9297
kamakurahanko@gf7.so-net.ne.jp
営業時間 10:30-18:00
*火、水曜定休日、不定休