top of page
現物一点商品|個人印【実印】象嵌:龍 東民作

象嵌細工を施した美術品として価値も高く稀少な印章

象嵌は、一つの素材に異質の素材を嵌め込む工芸技法で、象は「かたどる」、嵌は「はめる」という意味があります。この技法はシリアのダマスカスで生まれ、シルクロード経由で飛鳥時代に日本に伝わりました。象嵌とともに印材に直接彫り込まれた絵模様は非常に緻密に施されており、まさに芸術作品としての価値があります。象嵌印は明治、大正、昭和の時代に、選び抜かれた最高級の象牙だけを使って作られました。しかし、現在では象嵌職人がほとんどいないため、これまでのような作品が今後作られる可能性は限りなく低く、希少価値が非常に高い印章となります。

 

・限られた人しか持つことのできない「希少性」

・象嵌職人の技の結集。一点物としての「芸術品」

・後世に語り継がれてきた伝説の印章「伝統歴史」

 

【印鑑の詳細情報】

印面サイズ・長さ:15ミリ丸・60ミリ長

特徴:雲流の中を駆け巡る力強い龍が細かな線質で描かれています。龍の髭、宝玉が金で宝飾された東民の名品。

象嵌師:東民は、細かい象嵌で知られる名工です。彼が作った象嵌は、とても繊細精密で美しいのが特徴。「伝説の細工師・東民」の傑作と呼ばれ、現在では貴重な逸品として高く評価されています。東民の作品は、美術品・工芸品としての価値が高い。しかし、彼の技術を継ぐ職人がいないため、これからも同じような作品が作られるかどうかは分からないと言われている。

    現物一点商品|個人印【実印】象嵌:龍 東民作

    特別商品のため先着1名様をご優先販売とさせて頂きます
    • 15ミリ丸・60ミリ長