小篆


こちらの書体は小篆と言います。秦の時代に生まれたと言われてます。背の高い均整のとれた美しい形が特徴です。秦の李斯(りし)が大篆(だいてん)を簡単にして作ったものと言われています。さらに簡略な隷書が作られたのちは、主として碑銘・印章などに用いられました。