篆刻台


彫刻の際、印材を固定するのに用いられるのが篆刻台と棒台です。写真は一般的によく使われる篆刻台です。あて木を添えながら印刀をてこの原理を利用して掘り進めていきます。ちなみにこのあて木は明治生まれの祖父の代から使用しているものです。篆刻台には丸型の印材と四角型の印材を固定できるように、2つのパターンの「留め」があります。