安心安全の印鑑とは

印鑑の種類にはさまざまなものがありますが、その中でも実印はその効力を大きく発揮するものです。実印は住民登録をしている地域の市区町村の役所や役場で印鑑登録を行って、それを認められた法的な効力を持っている印鑑のことを指しています。戸籍と同じ姓名を刻印していることが必要で、自分自身の分身ともいえる大切なものです。実印を実際に使う場面としては、比較的重要な決断をする時がほとんどです。住宅を購入する時、車を購入する、ローンを契約するなど、重要な契約や大きな契約をする際に使うことになるでしょう。実印を押すことによって、この契約は自分が希望して契約することに間違いないという意思表示を行っています。

しかしこの実印は持っているだけではその効力が発揮されるものではありません。重要な契約や高額な契約の際に押印しますが、実印を押したところで、それが実際に住民登録されている市区町村に登録手続きをしたものであるかどうか、さらには契約する本人が実際に持っているものであるのかどうかを判断することはできません。そのため登録された実印であり、その本人とむすびつけられていることを証明する必要があり、それを証明するものが印鑑登録証明書と呼ばれるものです。この二つがセットになることで、初めて法的な効力が発揮するといえるでしょう。印鑑登録証明書は、基本的には本人でしか発行できないような仕組みとなっています。

このように非常に重要なものであることから、実印作成をする場合には、信頼できる店を選ぶ必要があるでしょう。同じ印影の印鑑が数多く出回っているようであれば、安心して使うことはできません。可能な限り、一つ一つの印鑑を手彫りで作成しているお店で実印作成することをお勧めします。近年では便利にネット通販ショップなどでも実印作成をすることが可能ですが、通販を利用するのであれば、はんこ

の専門店であるかどうかを確認してから利用するべきと言えます。