古印を楽しむ



呉昌碩の作品です。文字は「海日樓」と刻されています。この作品の最大の特徴は、日という字の縦画を短くし、樓という字の最後の払いを右のスペースまで寄せています。この技法を「盤錯」の彫刻と言います。盤は回る、錯はジグザクという意味です。このように字を入り混じらせ絡ませることにより、趣のある作品に仕上げています。