自然環境保全活動

​特別国際種事業者

象牙の認定制度について

​ワシントン条約により1990年から象牙の輸入が認められなくなりました。

象牙製品についてはすべて環境省および経済産業省で管理・統括されています。

現在、条約締結前に輸入されたものとそれ以降に規制緩和により一時的に輸入されたものが現在流通しているものとなります。従いまして、国内の象牙在庫量は年々減少しており、希少価値が高まっております。

鎌倉はんこで販売させて頂いている象牙は環境省及び経済産業省より認定されたものだけを取り扱っておりますので安心して購入していただけます。

【当社の事業者番号】経済産業省認定事業者番号 鎌倉はんこ 特別国際種事業者番号 T-3-14-20202

経済産業省

https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/seikatsuseihin/zougebekkou/main_07.html

環境省

http://www.env.go.jp/nature/kisho/hozen/hozonho.html

​私達は、野生生物を絶滅させることなく、持続可能なかたちで利用しながら、将来に渡って次世代に引き継いでいかなければなりません。

​1999年3月18日、象牙の国際取引が一部再開されました。厳正な管理(自然死などの密猟・密輸されたものではない象牙)の下で日本に輸入されました。「種の保存法」に基づく登録手続きが行われ、国内に置ける取引も政府によって厳格に管理されています。

その収益は、条約に基づくルールによって全てアフリカゾウの生息地や隣接地に暮らす地域住民の環境保全として利用されています。

当店といたしましても、国のルールに従い「種の保存」に対して出来る限り最大の貢献をいたします。

​自然環境保全への取り組み

当店の従業員はWWFに加入し環境保全活動に取り組んでいます

WWFは環境保全に取り組む公益社団法人であり、約100カ国で活動している信頼のおける環境保全団体です。WWFとは「World Wide Fund for Nature(世界自然保護基金)」の略。WWFジャパンは、1971年、世界で16番目のWWFとして東京で設立されました。名誉総裁には秋篠宮文仁親王殿下が就任されており、歴史、事業内容、職員数、基本財産、個人サポーター、法人サポーターにおいても国内最大級の団体となります。
地球上の生物多様性を守り、人の暮らしが自然環境や野生生物に与える負荷を小さくすることによって、人と自然が調和して生きられる未来を目指しています。

WWFジャパンについて

https://www.wwf.or.jp/aboutwwf/japan/

当店では、従業員「全員」がWWFの個人会員として加入しております。

従業員それぞれ個人個人が環境保全に対する意識を高め、積極的に環境保全に取り組んでおります。

・地球温暖化を防ぐ活動

・持続可能な社会を創る活動

・野生動物を守る活動

​・森や海を守る活動

​FSC認証の製品

名刺、ハガキ、店内POPにFSC製品を利用しています

FSC(森林管理協議会)は、森の自然や地域社会を壊さぬよう、配慮しながら行なわれる木材生産を「認証」する、国際的な認証機関です。さらに、FSCの認証を受けた木材や紙などの木材製品には、独自のエコラベルが付けられ、販売されます。つまり、このFSCの認証製品が、環境や人々に配慮して作られたものである、ということが、一般の消費者に店先で分かる仕組みになっています。

当店ではFSCの紙を使用した名刺、ハガキ、店内POPを利用しております。(一部の製品)

​持続可能な社会にするため、環境やそれらに携わる人々に優しい紙を使っております。

​FSCについて

https://jp.fsc.org/jp-jp

​エシカル商品

​お正月時のみの「エシカル年賀状」の販売について

 鎌倉はんこはこだわりの「綿花紙」年賀状を販売いたします。紙は被災地で栽培された高級綿花を使用したエシカルな商品となっております。エシカルとは「倫理的な・道徳上の」という意味で、原料を適正な価格で購入し製品をつくる人の健康と経済、環境保全を支援する、フェアトレードをより進めた概念の話題のキーワードとなっています。

 「東北綿花紙」は、東日本大震災の津波によって稲作等が困難になった農地で、栽培された高級綿を材料にしたもの。これらの紙は、肌触りや書き心地も抜群で和紙にとても良く似ており、年賀状を貰った人に紙の温もりを伝えることができます。

 当店では、伝統的な工法で一生お持ち頂ける縁起の良い印鑑を製造しており、特に日本の文化や伝統を大切にしています。ネット全盛のいまだからこそ、温かみのある年賀状で送った人の思いが伝わり、さらに被災地や発展途上国の支援になればと考えています。

​「神奈川新聞」記事
​「湘南経済新聞」記事
​「タウンニュース」記事

リユースによる資源活用

印鑑の「彫り直しサービス」による資源のリユース

お持ちの印鑑を新たなお名前で彫り直しいたします。限りある資源の有効利用を推進します。

 ・結婚されてお名前が変わった印鑑

 ・ご両親、ご祖父母の遺産の印鑑

 ・彫刻されていない印鑑

 ・字体のイメージが違う印鑑

 ・使わなくなった実印・銀行印  など

 

印鑑の彫り直しを行っております。当店では、お名前の画数、八方位による方角をお聞きお調べし伝統的な工法で印面を作成し、一生をお守りする縁起の良い印鑑を作成いたします。

印章は、

国家・団体・法人・個人がお互いの

「意思」や「責任」を確認し合う

日本人にとって「信用」を示す

大切な必需品であり、

西暦701年大宝律令の

「天皇御璽(天皇の印章)」から

脈々と受け継いできた文化

でもあります。

鎌倉市バナー.jpg
ゼクシィ中川翔子.jpg
ポコチェ.jpg
タウンニュース.jpg
liveJAPAN.jpg
鎌倉市観光協会.jpg
鎌倉推奨品.jpg
ふるさと納税.jpg
マップルバナー.jpg
ゼクシィバナー.jpg
かまくら春秋.jpg
湘南スタイルバナー.jpg
ホンダカーズ.jpg

© 2016 by KAMAKURA HANKO. 

(お問い合わせ先)
248-00012 鎌倉市御成町5−6ー1A
0467-37-9297
kamakurahanko@gf7.so-net.ne.jp
営業時間 10:30-18:00
*火、水曜定休日、不定休